冠婚葬祭で使い分けるメイクについて

人生の中で何度か経験する冠婚葬祭。七五三・成人式・結婚式・葬式と多く種類の祭りごとがありまたそれぞれの祭りごと毎にマナーやルールも異なっているという特徴があります。マナーには儀式を執り行う様式や行動のルールはもちろん、服装や身に付ける装飾品においても細かいルールがあります。女性の方が行うメイクもその守るべきマナーの一つです。結婚式や披露宴は非常に喜ばしく華やかな場面でもありますので、周りに不快を与えない化粧であれば特に問題はありません。一方、雰囲気としては対局とも言える葬式においては十分注意が必要です。そもそも葬儀事は、故人がたびたつ厳粛な催事毎となりますので周りの方を不快にするような行動やファッション自体は不謹慎と考えられ親族間の問題になりやすいからです。葬儀におけるメイクは基本的に以下の様なルールがあります。・派手すぎないこと・口紅も光らせないこと・アイシャドウを控えめにすること冠婚葬祭のメイクについては、特別に葬儀においては十分な注意が必要ということだけは認識が必要です。