冠婚葬祭のメイクについて

冠婚葬祭のメイク方法について、いちばん気をつけたいのは喪の席でのメイクです。基本的にお祝いの席では、祝われる方、主役の方より目立たなければOKですが、喪の席では周囲への配慮がいっそう必要となってきます。まず、悲しみの場なのですから、色を多用してはいけません。特に赤は血の色と祝い事を想起させ、葬儀の際では最もタブー視される色です。ですから口紅は赤系のものは避け、つけるとしてもくすんだワインレッド程度にとどめた方が無難でしょう。とかく、口紅は明るい色をつけてはいけません。ふさわしいものを持っていないなら、いっそしない方が良いくらいです。また、アイシャドーにしてもそうです。濃すぎるのはいけません。喪の席でのメイクは薄化粧と、自然さにポイントを置くのが相手への礼儀です。そうするのにはわけがあります。普通、人は悲しい時に、きれいになることや着飾ることをするでしょうか。悲しみが深ければ深いほど、身なりになど構っていられません。また、お祭りのように派手に着飾った人や、派手な化粧をした人を見ることすら、場合によっては辛さにつながります。その気持ちに添うことこそ、礼儀の本質なのです。