冠婚葬祭でのメイクのマナーについて

冠婚葬祭の際にマナーとして、知っておきたいメイクのルールがいくつかあります。女性のお化粧ですが冠婚葬祭の際は、いつものお化粧ではなくマナーに則ったものするのが常識として必要です。まず、お葬式やお通夜などといった場合は控えめで品のあるものが大切です。いくら辛くてもノーメイクは失礼に当たるので、ファンデーションに眉毛はきっちりとすることが必要です。またチークや派手な色のリップはさけ、淡い色の口紅などを付けるのが良いです。アイシャドーなども派手な色は避け、肌になじむブラウンのものを選ぶのが良いとされています。また急なお通夜やお葬式で派手な色のジェルネイルなどを付けてしまっている場合は、レースの手袋などを着用すると良いです。反対に結婚式などのお祝いの際のメイクですが、奇抜なものは避けて華やかなものが良いとされています。ただ挙式から披露宴、二次会まで出席する場合は長時間になる場合が多いので、崩れにくい化粧をする必要があります。